らくらく塾だより46号     2009年3月10日

本気
なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやればたのしいから
本気でやればつかれないから
つかれても
つかれがさわやかだから


上の言葉は私の好きな「あいだみつを」の言葉です。

特にこれから1年後に入学試験をひかえている新中学3年生にこの言葉を送りたいと思います。

 本気でやるということは自分の全力を出し切ることだと思います。本気でやっている時はたしかに楽しいし、意外と疲れないものですよね。それが、親から言われるから、先生から言われるから、半分仕方なしにやっている間は本気さも出てこないし、やればやるほど疲れていくのだと思います。

 誰でも、一瞬本気になる、2〜3日本気になるというのはできると思います。でも、大事なのは1年間、本気を続けるということです。では、1年間本気を続けるというのはどういうことなのでしょうか。

かつて、私が中学の教師をしていた時、担任だった生徒のことを書いてみたいと思います。彼はオール3でしたが甲子園に行きたくて、前年甲子園出場を果たした「日大二高」進学を希望したのですが、オール4以上なければ学校推薦の枠に入れません…・。それからの彼は、人が変ったように頑張りました。授業中周りの生徒がうるさい時は、かつての野球部の仲間であろうとだれであろうと、「集中できないじゃないか、うるさいぞ!」と怒鳴りつけていました。その迫力に周りの生徒も引き込まれ、みんなが必死になって勉強に取り組み始めました。(口先だけで本気になると言いながら、授業中ヘラヘラしているようでは、本物の本気ではないですよね。)
定期テスト前には、一番の苦手だった英語の勉強方法を聞かれたので、「教科書のテスト範囲の文を5回以上書いてみろ。」と私が言ったら、10回書いて、見事に90点以上を取りました。結果的に、2学期の通知表は、4が7つ5が2つ(素点合計38)で見事に「日大2高」に合格し、甲子園出場は逃しましたが、日大に進んで野球を続けています。彼の本気は、確かに本物の本気だったのです。

背伸びをすること

もう一つ「あいだみつを」の言葉を紹介します。

じぶん
背のびするじぶん
卑下するじぶん
どっちもやだけど
どっちもじぶん

私の考えは少し違いますが、あえて、彼の言葉を引用させてもらいます・・・。私は、生徒のみんなにもっともっと背伸びをしてみてほしいと願っています。他人を見下すために、自分だけが得するために背伸びをするのは大嫌いです。でも、中学生の君たちには、無限大の可能性があるのです。周りの目なんか気にしないで、せいいっぱい背伸びして最高の自分を創り上げてほしいのです。その代わり、背伸びをし続けるというのは、とても苦しいことを覚悟しなければなりません。でも、今から自分自身の価値を適当なところにおいておくなんてどう考えても我慢できないでしょう・・・・!!!


らくらく塾だより
2006年7月17日

 

暑い夏は、とにかく仕事も勉強も一休みしたく

なると思います。でも、特に中学3年生の皆さん、

ここで思い切って全力でぶつかっていって自分を

鍛えてみませんか・・・。

 私の経験を書いてみたいと思います。

 高校時代のバスケットの練習の話です。

私の高校は当時(昭和32年)は全国でも1位2位

を争うような進学校でしたがバスケットボ-ル部も

毎年関東大会に出場していた名門校でした。

スポ-ツはどちらかというと苦手だった私でしたが

公開練習のときのかっこよさにあこがれて軽い

気持ちで入部してしまいました・・・。ところが、

めちゃくちゃに厳しい練習のため、27人いた新入

部員が夏休み前には5人に減ってしまいました。

私は、なんとなく意地みたいなもので5人の中に

残ってしまいました。そしてあの夏休みの

練習・・・。はじめの10日間は午前中3時間の

体育館での練習、コ-チの気分で何日間かは午後も

グランドで炎天下のランニング。そして10日間

の合宿。1週間くらいの休養のあと、最後の10日

間の1日中の練習・・・。

自分でも、病気にならなかったのが不思議なくらい

で、もちろんバスケットボ-ルは大嫌いになりました。

 それでも、「負け犬」になるのはどうしても

我慢できなくて、毎日意地で体育館に足を運びました。

 

それが何だったんだと言う人が多いと思います。

 でも、私にとって、あの夏休みの練習があったからこそ今の自分があるような気がしています。高校3年生の夏休み、バスケットボ-ル部を引退した後、いよいよ私の受験勉強が始まりました・・・・・。家が貧乏で私立大学にも行けないし浪人も許されていなかったので自分が大学に行きたかったら、とにかく勉強するしかなかったのです。朝9時から夕方まで図書館で勉強した後、夜中過ぎまで勉強する毎日でした。

 ものすごく暑かったり、体がバテバテになったとき、私は、あの夏の練習を思い出していました。あのときの練習に比べたらその半分も苦しくない、あの練習に耐えられたのだからこのくらいの受験勉強はたいしたことはない、そう思いながら夏休みを乗り切って何とか現役で都立大学に入ることが出来ました。

 就職した後も、大変なことに出くわすたびに、あの夏の練習を思い出して乗り切ってきました。

 特に受験生の皆さん、この夏は死に物狂いでがんばってみませんか!

 どこかで全力でがんばった経験は、きっと君たちを大きく成長させてくれるものだと信じています。

   

頭がいいから

偉いんじゃあない

―何のために勉強するの?―

 

時間があって、久し振りに「3B組金八先生」の再放送を見ていたら金八先生がこんなことを言っていました。「人間は、頭がいいから偉いんじゃあない、足が速いから偉いんじゃあない、一生懸命やっているから偉いんだよ・・・・。」

塾の勉強でも同じことが言えると思います。『その問題が解ければそれでいい。』『成績が上がればそれでいい。いい高校に入れればいい。』・・・そんなことが全てではないはずです。また、それだけを考えている人は、それ以上は大きくは伸びていかないと思います。塾で勉強しながら、自分がつっかえていたところが少しわかってきて、やり方が少し判ってきて、そして自分に自信がついてきて、塾以外のところでも自分からどんどんがんばれる気持ちがついてきて、それが続いていけば、その人はぐんぐん伸びていくはずです。

わたしの教え子の例を一つ挙げましょう。

彼女は中学に入学して、初めてバスケット部の練習に来たときのことです。ランニングシュ−トの練習のとき、ボ−ルをもらうときの第一歩を思いっきり大きくしなさいといったらバランスを崩して転びそうになるくらい踏み出して上級生に笑われていました。一見不器用でしたが彼女はどんなときでも手を抜くことが出来ない生徒でした。練習でも、ぶっ倒れる寸前までがんばっていました。バスケット部で体育館の周りの雪かきをしたときもそうでした。一緒にやっていた先生(私)がいなくなるとみんなはとたんに手を休めておしゃべりを始めるのですが彼女にはそれが出来ませんでした。そして上級生から推薦されてキャプテンになってしまいました。

 一見要領が悪くて、付き合いが悪いようにも見えますが、彼女は3年間すべての面でそのやり方を通していきました。

勉強の面でもそうでした。すごく頭が切れるような感じではありませんでしたが、授業中も真剣さがいつも伝わってきていました。体育大会(運動会)でも、音楽会でも、いつもクラスから一番頼られる人間にいつの間にかなっていました。

 そして3年生の成績では、どの科目も文句なしに『5』がつき、推薦で立川高校に進学しました。高校でも3年間バスケットをやり、現役で中央大学の法科に合格し弁護士を目指してがんばっています・・・。

よく塾の生徒からも、「何でこんなこと勉強しなければならないの?方程式が解けるようになったら将来の仕事に役に立つの?

僕は、英語関係の仕事をしたいとは思っていないから英語の勉強なんてしなくていいでしょ?・・・・」などと言われます。

 でも、今ひとつ一つのことに一生懸命がんばっていくことが大人になってさまざまな困難にぶつかったときにそれを乗り越えていく力になるのだと思います。ちょっとばかりカッタルイからといって手を抜いてしまうと自分がなりたい仕事にもつけなくなるし、やりたいことも出来なくなると思います。無駄な努力、無駄ながんばりなんて絶対にないと私は思っています。(鈴木)